企業変革をドライブするクラウドコンピューティングの力

制作:東洋経済広告企画制作部
cloudpack(アイレット)

高機能な「アマゾン ウェブ サービス」を
日本企業に使い勝手よく提供する

多くのクラウド・サービスの中でも、低コストで迅速かつ柔軟な導入ができると注目されているのが米アマゾン社の「アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services:AWS)」だ。アイレットが提供する「cloudpack」は、このAWSの導入から運用・保守までをフルサポート。AWSの活用をきめ細かく支援してくれる。

アマゾン社の技術力とノウハウを結集した「Amazon Web Services」

エバンジェリスト
後藤 和貴 エバンジェリスト

 アマゾン(Amazon)という社名を聞いて、書籍ほか一般消費者向けのEコマースを思い浮かべる人が多いだろう。確かに同事業は、主力事業の一つだが、ほかにも同社は複数の事業を展開している。その一つが、Eコマースを行っている事業者向けのマーケットプレース(出店)サービスであり、もう一つがクラウド・サービスだ。

 アマゾン社は2006年から、「アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services:AWS)」と呼ばれるクラウド・サービスを提供している。その大きな特長は、同社がEコマースの領域で培ってきた高度な技術力および運用ノウハウが、AWSにおいても存分に活用されている点だ。

 AWSは、同社が提供する複数のクラウド・サービスの総称である。機能は多彩だが、それぞれのサービスは便利で使いやすい。例えば主力サービスの一つである、仮想サーバーサービスの「Amazon Elastic Compute Cloud(略称:アマゾンEC2)」の場合、Web上で申し込みができ、マウスでクリックしていくだけで、その日から新しいサーバーを利用できる。OSも、Windows、Linux ほか柔軟に対応できる。料金体系が従量制の課金になっている点にも注目したい。初期投資が不要で、使った分だけ払えばよい。サーバーを増やすことも減らすことも、自在にできる。

 AWSには「Amazon Simple Storage Service(略称:S3)」と呼ばれるデータストレージサービスもある。こちらもコンセプトは明確で、その名の通りシンプルだ。ネットからさまざまなファイルをアップロードできるが、アップロードするだけ ならデータ転送料は無料というから驚く。さらに、99%以下9が九つ続くイレブンナインの耐久性を誇り、サービス開始以来、全世界で一つのファイルの損失もないという。

Amazon Web Servicesのデータセンターとエッジサーバ
お問い合わせ
クラウドパック ロゴ

アイレット株式会社

東京都港区海岸3-15-5 1F
Tel 03-4590-1336
アイレット ウェブサイトへ

資料請求ページへ